クワガタは死の前兆にどんな行動をする?弱ってるサインと対処方法とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

クワガタが寿命で死を迎える前兆として2つの行動がありますので紹介します

  • 頻繁にひっくり返る
  • 手やあごの力が入らない

対処方法は以下2点をお勧めします。

  • 昆虫ゼリーや栄養保水液を与える
  • 飼育場の温度湿度を適切に保つ

また、寒くなり冬眠する前も寿命の予兆のように弱々しくなります。
冬眠時は手足を折り畳み小さくなるので、寿命前の症状とは少し違います。
冬眠の前かどうかも確認してあげて下さい。

この記事では、

  • クワガタは死の前兆にどんな行動をする?弱っているサインと対処方法とは?
  • 知っておきたいクワガタのこと
  • クワガタを長生きさせる為の飼育方法とは?
  • クワガタの寿命を迎えた場合の子どもへの伝え方や向き合い方とは?

といった内容をまとめてみました。クワガタの死の前兆について気になっている方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

クワガタは死の前兆にどんな行動をする?弱ってるサインと対処方法とは?


クワガタが寿命を迎える前の前兆(弱ってるサイン)として2つの行動がありますので紹介します
• 頻繁にひっくり返る
• 手やあごの力が入らない

どちらも、寿命を前にして体を動かす力が無くなってしまった事で起こります。
具体的な症状をご紹介します。

頻繁にひっくり返る

飼い主がひっくり返っている状態を直してあげても、頻繁にひっくり返っている状態になります。
また、力が入らないので自力で体を起こすことが出来ずに手を天に仰いでしまいます。

手やあごに力が入らない

元気なクワガタは木に登ったり早く走り回ります。死が近いクワガタは力が入らないのでじっとしていたりひっくり返っています。

クワガタのはさみの挟む力は意外に強く、オオクワガタだと500g程度の力があります。
弱った個体は指を挟ませても痛みを感じないくらい弱々しい状態になってしまいます。
この症状はカブトムシも同じです。

どちらの症状も栄養不足やクワガタが弱っている時にも起こる症状なので、寿命とあきらめず一度対処してみる事をお勧めします。

対処方法は以下2点をお勧めします。

• 昆虫ゼリーや栄養保水液を与える
• 飼育場の温度湿度を適切に保つ

また、寒くなり冬眠する前も寿命の予兆のように弱々しくなります。
冬眠時は手足を折り畳み小さくなるので、寿命前の症状とは少し違います。
冬眠の前かどうかも確認してあげて下さい。

知っておきたいクワガタのこと

クワガタのは種類によって冬眠をして冬を越すものもおり、寿命は1か月程度~6年程度と幅広いです。
日本に生息しているそれぞれの種類の寿命と生態をご紹介します。

冬眠するクワガタ(数年生きる)

• コクワガタ
• ヒラタクワガタ
• オオクワガタ

それぞれご紹介しますね。

コクワガタ

寿命:1年~3年
沖縄以外の日本全土にみられ、比較的簡単に捕獲できます。
サイズは小さめでかわいいです。私も子供の時に良く捕まえて飼育していました。
クヌギやナラなどの雑木林に生息しています。

ヒラタクワガタ

寿命:半年~3年
西日本に多く生息しています。
体は冬眠するクワガタの中で一番大きく、手が短めで平べったいのが特徴です。
湿気が多い場所を好む事も特徴です。

オオクワガタ

寿命:5年~6年 最も長生きするクワガタです。
日本全土に生息域がありますが、とても臆病な性格なのでなかなかお目にかかれないクワガタです。ブナなどの原生林に生息しています。
産卵中のメスに限っては、樹液だけでなく他の昆虫までも捕食するどう猛さがあります。

冬眠しないクワガタ(1年で死んでしまう)

• ノコギリクワガタ
• ミヤマクワガタ

こちらもそれぞれをご紹介します

ノコギリクワガタ

寿命:2か月~3か月
日本全土に幅広く生育しています。
くぬぎ等の樹液を食べ、木の高いところを好むクワガタです。
特徴的なのこぎりのようなオスの角が名前の由来とされています、

ミヤマクワガタ

寿命:2か月~4か月
こちらもほぼ日本全土でみられます。
標高が山間部に生息しています。オスの頭部が特徴的な形をしており、今では「高価で取引されるクワガタとしても有名です。
暖かく、湿気がある場所を好むので、採集するときはそういう場所を攻めてみましょう。

クワガタの寿命ですが、オスとメスに違いはあるのでしょうか?
一般的にはオスの方が数か月短いとされています。

交尾後にオスは寿命を迎える事が多いからです。
しかし、クワガタを飼育させるときには産卵をさせて数を増やす事も楽しみになります。
産卵には条件があります。

産卵条件

• 成熟したオスとメスのペアリングが必要
• 適切な温度設定
• 産卵する場所を作る

クワガタごとに条件は違うのですが、オオクワガタを例に産卵条件を紹介します。

成熟したオスとメスのペアリングが必要

クワガタは成虫になってから、交尾と産卵ができるようになるまでに時間がかかります。
交尾、産卵ができる状態になった成虫を「成熟した個体」と呼びます。
まずは成熟した個体を揃える事が必要です。
オオクワガタだと成虫になってから4~6か月かかります。

適切な温度設定

クワガタによって違うのですが、オオクワガタの場合は20~25℃程度の安定した気温が産卵に適しています。

産卵する場所を作る

産卵場所が無いと、他の条件を揃えてもクワガタが産卵しません。
オオクワガタの場合産卵用の「木材」が必要になります。
「産卵木」という産卵用の木材がネットなどで販売されています。
飼育するクワガタに合わせた産卵場所を確保してあげましょう。

https://twitter.com/KuwaOhmi/status/1472108669500559360

クワガタを長生きさせる為の飼育方法とは?


せっかく飼育しているクワガタですが、長生きさせてあげたいものです。
そのための管理の重要ポイントは3つです。

• 温度管理
• 餌の管理
• 冬眠中の管理

それぞれを説明します。

温度管理

クワガタは寒すぎても暑すぎてもダメなデリケートな生き物です。
20℃以下に気温を下げない事、28℃以上にならない事が重要です。
なるべく、直射日光にさらされず適度に日の光が当たる程度の風通しが良い場所で飼育してあげましょう。

餌の管理

色々な餌があるのですが、市販の昆虫用ゼリーが最も栄養バランスが良く優秀な餌です。
また、冬眠中も餌を少し与えてあげると長生きします。
良く、スイカなどを与える事もありますが基本的に樹液を食べる生き物なので、配合されたゼリーを与えた方が長生きとクワガタの健康のためには良いでしょう。

冬眠中の管理

外気温が15℃以下になった秋には、冬眠する種類のクワガタは動きが鈍くなり冬眠の準備に入ります。

キレイな昆虫用のマットを敷き、その中に潜れるようにしましょう。
冬眠後はマットも適切な交換頻度で交換してあげましょう。

冬眠が始まったら適度に霧吹きで保湿し、週に1回程度昆虫ゼリーを交換してあげて下さい。少しずつ食べます。
餌の交換とマットの交換時はなるべくクワガタに触れないようにして刺激を避けてあげて下さい。

冬眠中の温度管理は室内常温管理で構いません。

クワガタを長生きさせる飼育のコツをご紹介しましたが、飼育時に守るべきルールもあります。ルールを守らないと最悪の場合法律違反や、在来の生物に影響を及ぼす事があります。
そのような事にならないように守るべきルールをご紹介します。

守るべきルール
• 飼育マットや木を勝手に捨てない
• 生きているクワガタを逃がさない

飼育マットや木を勝手に捨てない

飼育マットや木には、有害なダニや病原菌が潜んでいる場合があります。
それを自然界に捨てる事でその地域にはありえない病気が在来の昆虫に広がってしまう恐れがあります。
昆虫マットや木を捨てるときは「可燃ごみ」として焼却処理に出しましょう。

生きているクワガタを逃がさない

在来種、外来種問わず生きているクワガタはむやみやたらに自然界に逃がさないようにしましょう。

その地域にもとから住んでいる昆虫であればいいのですが、いるはずのない種を逃がしてしまうと在来種を脅かすばかりか、在来種と交配してしまい在来種が違う種に置き換わってしまう事もあります。

これらの2つのルールを守り、安全にクワガタを飼育してあげましょう。

クワガタの寿命を迎えた場合の子どもへの伝え方や向き合い方とは?

飼育していたクワガタが寿命を迎えた時、大切に育てていたお子さんにどのように伝え、向き合えばよいでしょうか?

死生観に関しては正解が無いのですが、いくつか私が良いと思った例がありますのでご紹介します。あくまでも一例であり、正解かどうかはわからないので参考にしていただけると幸いです。

• お子さんにクワガタの死を隠さない
• お墓を作る
• 捕まえた場所に埋める

お子さんにクワガタの死を隠さない

ある幼稚園ではクワガタが死んでしまったが、職員が隠さずに園児全員に死骸を見せて、状況をそのまま伝えて園児の考えを聞いたそうです。
色々な意見がありましたが、状況を受け入れて埋めて供養する事になったようです。
クワガタの死を通じて死生観を教育した一例になります。

お墓を作る

お子さんと一緒にお墓を作る事でクワガタの供養を願ってもらえます。
小さな昆虫でも命がある事をお子さんにも知ってもらえるきっかけになるかもしれません。

捕まえた場所に埋める

捕まえた場所に埋めてあげる事もお墓を作る事と同じで、命の事を考えてもらうきっかけになるかもしれません。

生き物の飼育は命を預かる事である事だと忘れないようにしましょう。

 

 

【クワガタの越冬方法!】コクワガタ・オオクワガタ・ヒラタクワガタを冬眠させる方法と準備するもの

コクワガタやオオクワガタ、ヒラタクワガタを冬眠させる方法は

クワガタが外気にさらされず、乾燥せず、玄関など風雨を避け温度変化も少ない場所に越冬環境を用意してあげましょう。

越冬に必要なアイテムはケース、マット、転倒防止用のほだ木、暖かくなって出てきた時に食べるためのエサが必要になります。

 

上手に飼うと2~3年ほど飼育することができますので、この記事を読んでクワガタを長く飼育してあげましょう。

 

この記事ではクワガタの越冬に関する内容をまとめてみました!

  • コクワガタが冬眠する理由は
  • コクワガタの冬眠に必要なもの
  • クワガタを冬眠させる方法とは

クワガタを越冬させてみたい!、冬眠させるにはどうするの?といった方には参考になると思いますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

コクワガタが冬眠する理由は

コクワガタは厳しい冬を生き延びるために冬眠します。

コクワガタの様な昆虫類の冬眠活動は「越冬」と呼ばれることが多いです。

 

生物が厳しい冬を乗り越え生き延びるため、エネルギーの消費を抑える目的で活動を停止する行為は広く知られているところです。

 

主に熊などの哺乳類が自らを仮死状態にして冬を過ごす行為を「冬眠」、爬虫類や昆虫類は厳しい外気温を耐え凌ぐため活動停止する行為となり「越冬」と呼ばれます。

 

コクワガタの寿命は1年以上と言われておりますので一度は越冬を経験することとなります。

大事なコクワガタの冬眠活動に必要なものは何か?次でご紹介します。

 

コクワガタの冬眠に必要なもの

自然界でのコクワガタは外気に触れず、邪魔をされない場所で越冬を行います。

具体的なイメージとしては樹木の皮の間や木の割れ目の深い場所などとなります。

 

そのイメージに近い場所を人工で作ってあげることが大事です。

 

飼育ケース

重要なのは「乾燥」しにくい環境を作ることです。密閉していると空気が不足しますので必ず空気穴があるものか、密閉式なら空気穴を数か所開けてください。

 

越冬用飼育ケースがない場合、現在飼育しているケースの蓋がメッシュ製であれば

ラップやビニールを蓋と本体の間に挟み、穴を数箇所開けてあげる形でも代用できます。

 

マット

粒子が粗く、空気を含みやすいものが最善です。水を少なめに含ませてケース内の乾燥を防ぎましょう。ココパウダーマットなどがよく使われています。

 

木の間に潜り込み隙間を作って越冬することもありますので、その場所を作ります。

 

コクワガタが隠れることのできる大きさの木を数本用意しましょう。

マットの上に置き、その後マットを木が隠れるまで敷き詰めます。

 

クワガタを冬眠させる方法とは

 

コクワガタはいつから越冬活動に入るのか?

食事量が減るなどの行動量が目立ってきたら越冬のサインと考えて良いでしょう。

 

時期的には10月に入ってからが目安と言われますので、10月に入る前に越冬グッズを揃えるのがベストです。

 

なおコクワガタの冬眠活動は主に越冬と呼ばれることは前述の通りですが、哺乳類の冬眠のように仮死状態となり活動を完全に停止するわけではありません。

 

寒気に耐えるために活動量を減らすため、地中=マット内の適正な水分量と一定の温度(15℃が目安の様です)を超えてくると越冬中でも活動を開始します。

ケース内に餌を数個置く意味については、冬の間でも上記の条件が揃い活動開始した場合に、更なる越冬のためのエネルギー補給をさせるためとなります。

 

さらに乾燥にもとても弱いため、1週間に一度など定期的に飼育ケース内を確認し、マット表面が乾燥していたら表面が軽く濡れる程度に霧吹きで水分を補給しましょう。

常時水分を含むことからカビが気になる場合は、バクテリア材で対応しましょう。

 

市販品もありますが、自作もできます。

クワガタ糞入りの発酵マットにホダ木を2週間ほど漬け込むだけとなります。

 

ケースの設置場所についても配慮が必要です。

 

冬場でも暖かくなれば活動を開始しますが、回数が増えれば体力を消耗することとなり、結果寿命を縮めることとなります。

 

人間の活動する部屋内では暖房の影響で寒暖差が激しいことから最善とはいえず、玄関など風雨を避け温度変化も少ない場所がベストとなります。

 

越冬の終了は場所や個体により差があるものの、3月の初め頃から活動を本格的に開始するケースが多い様です。

だからと言って3月に入ってからむやみにケース内を触るのも禁物です。餌の減りが早いなど目に見えて状況が変われば越冬活動の終了と考えて良いかと思います。

 

大事なコクワガタ、長く飼育するためにも10月に入ってから3月に入るまでは越冬期間として、温度変化の少ない場所にケースを置き、定期的にケース内の状態を確認し乾燥と飢餓を防ぐように注意していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました