養蜂は住宅地でも始められる?始め方やご近所トラブルなど

スポンサードリンク
スポンサードリンク

養蜂は住宅地でも始めることはできます。

しかし、趣味程度の小規模な飼育でも都道府県への飼育届の提出が義務化されていますし、養蜂で生計を立てるためには届け出が必要になります。

さらに自分で頑張って養蜂を始められたとしてもぶつかる難題が「ご近所トラブル」です。

ご近所トラブルになる理由は以下の事が多いと言われています。

  • 住民への恐怖
  • 糞害
  • 騒音

ご近所トラブルが起きてもちゃんと対応できるように事前に知識を得ておくことが必要です。

今回の記事では、住宅地で始める養蜂の始め方や注意点、ご近所トラブル対策や養蜂のおすすめグッズを紹介していきます。

養蜂に興味がある 住宅地で始めようとしているがトラブルにならない方法を知りたい方は必見です!

養蜂は住宅地でも始められる?始め方とは

住宅地でミツバチの飼育を始めたい方向けに、始め方と始める場所について注意点をまとめました。ご参考にして下さい。

  • 養蜂の始め方
  • 養蜂に適した場所について
  • 住宅地でミツバチを飼う
  • 飼い始める際の注意点

養蜂の始め方

ミツバチ飼育に関する法律に「養蜂振興法」というものがあります。

そのため、ミツバチを飼い養蜂で生計を立てるためには届け出が必要になります。

もし、趣味程度の小規模な飼育でも都道府県への飼育届の提出が義務化されています。

この届出のルールは都道府県ごとに違うため詳しくは養蜂を行う都道府県のホームページを参照してください。

実は届け出と聞くと面倒なイメージがありますが、このミツバチの飼育に関する届け出はメリットがあります。養蜂をするならこのメリットも理解して必ず届け出を行いましょう。

届け出のメリット

  •  農薬の散布情報を教えてくれる
  •  病害虫の検査をしてくれる

しかし、このメリットは全国各地共通とのことではなく、行っていない場合もあります。

お住いの都道府県の情報を参考にしてみて下さい。

養蜂に適した場所について

通常は山の中や田畑など人の出入りが少ない場所ですが、住宅地で始める場合は禁止されている場合とそうでない場合があります。

自治体によっては住宅地での飼育を完全に禁止している場所もありますので各都道府県の条例をご確認ください。

ただし、基本的に養蜂振興法は住宅地や都市部でのミツバチの飼育を想定したものになっていません。

住宅地での飼育は近隣住民とのトラブルの引き金にもなるのでなるべく人の出入りが少ない場所で始めるのがいいでしょう。

住宅地でミツバチを飼う

住宅地でのミツバチの飼育はオススメできませんが、近隣の住民が理解を示してくれるかがカギになります。もし始める場合は以下の点にあてはまるかを確認してください。

  • 住宅地が密集していない(ミツバチを飼育する十分なスペースがある)
  • ミツバチの羽音の騒音苦情が出ない
  • 蜂のアレルギーの危険がある方がいない
  • ミツバチに恐怖心がある方がいない

これらの事がすべてクリアできるようなら飼育をすすめてみても良いでしょう。

ただし、一つでも当てはまるようであればトラブルにつながる可能性がとても高いので辞めておくことをオススメします。

飼い始める際の注意点

もしミツバチを飼育する場合は注意する事があります。

それはこちらです。

  • 刺される事に対して対策が必要
  • ご近所トラブル対策
  • 届け出

刺される事に対して対策が必要

ハチの飼育ははっきり言って刺される危険性を伴います。

まず、ハチに対してアレルギーがありアナフィラキシーショックの危険がある方は絶対に辞めましょう。命にかかわります。

アレルギーが無い場合も対策が必要です。まずは養蜂専用の「防護ネット」を購入しましょう。

また、作業中に蜂を刺激しない事も重要です。

蜂は刺激すると攻撃フェロモンを出し巣全体に興奮が伝わり戦闘モードになります。

巣を扱う時は振動させず、蜂を殺さないようにしてください。

蜂を誤って殺してしまうと攻撃フェロモンが瞬く間に広がります。

ご近所トラブル対策

蜂の羽音や恐怖、糞害などのご近所トラブルが発生する可能性があります。

そのため、なるべく人の出入りが少ない場所を養蜂場所に選ぶべきですが、それがかなわない場合は住民への説明をしっかりと行ってください。

それができない場合は養蜂をあきらめましょう。

届け出

都道府県の条例に従って確実に飼育の届け出をしてください。

この届出は規模に関係なく義務化されています。

届け出を出すことでトラブルになる危険性を防げますので自分の身を守るうえでも必ず届け出を出しましょう。

ご近所トラブルにならないよう気を付ける事は?

養蜂をする際のご近所トラブルになる事例とその対策をご紹介いたします。

  • 住民への恐怖
  • 糞害
  • 騒音

住民への恐怖

普通の人にとってハチ=怖い生き物です。

ミツバチは基本的に何かをしない限りは自分から人を刺す事はしない生き物です。

しかし、ほとんどの方はそのような事は知りませんし蜂に刺されるかもしれない恐怖は苦情の対象になります。

ハチは怖い生き物だという認識をしっかり持ち、住民に恐怖を与える事も理解して養蜂をしましょう。

恐怖を取り除く事は努力だけでは難しい事ですのでなるべく住宅地では養蜂しない事が一番の解決策です。

糞害

蜂も生き物なので糞尿をします。

洗濯物や住宅の壁などに染みをつけてしまう事があります。

猫や犬と違いミツバチは排泄する場所をしつける事はできません。

そのため対策はできないため、住宅密集地では養蜂を行わない事が一番になります。

騒音

普段の生活ではさほど羽音が気にならないミツバチですが、春先に巣が手狭になると女王を残して約半数ほどの蜂が新天地を目指して飛び回ります。

これを「分蜂」というのですが一つの巣の半分ほどの蜂が一気に飛び回るので、とてつもない騒ぎになります。

この際の騒音や飛び回る蜂の数に恐怖した方からの苦情が来る可能性があります。

騒音苦情もある事を理解しましょう。

基本的にトラブルの対策は「近隣に人が少ない場所で養蜂する」に勝るモノはありません。

どうしても住宅地や都市部で養蜂をする場合は事前に住民に理解をしてもらう活動をしてから飼育をしましょう。

住宅地で養蜂を始めるのに必要な道具:おすすめの紹介

養蜂を始めるためには道具が必要です。

オススメな道具をご紹介いたします。

  • 害虫対策道具
  • 養蜂着・ネット
  • 移虫キット
  • 花粉代用飼料
  • 巣箱・巣箱の管理

害虫対策道具

ミツバチに害をなす害虫として代表的なものに「スズメバチ」と「スムシ」がいます。

それぞれの対策グッズをご紹介します。

スズメバチ

ミツバチを捕食してしまい数を減らしてしまい、最悪の場合巣を全滅させてしまう事もあります。近くに巣を作っている場合は巣の駆除をするのですが、近くに巣が無くてもミツバチの養蜂場をえさ場と認識して遠くから飛んできます。

対策として捕虫して数を減らしミツバチを援護してあげる事が重要です。

代表的なものに長野式スズメバチ捕獲機というものがあり、一度にたくさんの捕虫ができます。

https://twitter.com/tsumugiyohoen/status/1427205965011582987

スムシ

スムシという蛾の幼虫がミツバチの巣の中に巣くって巣箱や巣自体をたべてしまうことでミツバチの巣の環境を破壊してしまいます。

ひどいときはミツバチよりもスムシの数の方が多い巣箱になってしまいます。そうなるとまず立て直しは不可能です。

代表的な対策グッズに「スムシっ子ガード」というものがあります。

こちらはスムシにわざとこの製品を食べさせることで殺虫する効果がある生物農薬が入っています。ミツバチや人間には無害な成分なので安心です。

養蜂着・ネット

養蜂をやっていると必ず蜂に刺されてしまう危険性がつきまといます。

そのため、安全のためにも養蜂着や防護ネットを用意しましょう。

これを着る事で隙間などがなければまず刺されることはなくなります。

ただし、密封されているためとても暑いのが欠点です。

しかし、アナフィラキシーショックを防ぐためにも必ず用意して刺される事を防ぎましょう。

移虫キット

ミツバチの巣を増やすためには女王蜂を増やす事が必須になります。

実は女王蜂は幼虫の時に住む場所と与えられる餌によって決まります。

女王蜂用の幼虫が入っている場所は他の蜂とは違い、王台と言われます。

これを人工的に作り、幼虫を移してあげる事を移虫と言います。

移虫をすると働き蜂は自動的にロイヤルゼリーを与えてくれます。

そうすると王台に入っている幼虫は女王蜂に成長します。

この王台を作る道具や幼虫を移す道具をセットで売っているキットも売られています。

https://twitter.com/sugibeegarden/status/1273137553865150464

花粉代用飼料

ミツバチにとって蜜と同じで花粉も重要な栄養源になります。

巣の中に花粉が不足している場合は花粉代用飼料を与える必要があります。

代表的なものにローヤルビーというペースト状の飼料があり、1400円程度から購入が可能です。

巣箱・巣箱の管理

養蜂をする上で絶対に必要になるものは巣箱です。

基本的に巣箱となる箱に巣の基礎となる巣礎張りを入れ、そこに蜂に巣を作ってもらいます。

巣礎張り完成品は10組入りで約9000円程度から購入が可能です。

ある程度の投資金額がかかる事も理解して養蜂を始めましょう。

タイトルとURLをコピーしました