うさぎが伸びて寝る理由とは?うさぎの寝方で分かる事とは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

うさぎが伸びて寝るのは、十分にリラックスしているためと考えられます。

しかし時にはお腹が痛いために伸びて寝てしまうこともあるようです。うさぎは喋ることも鳴くこともできないために仕草で状態を判断するしかないのですが、うさぎの寝方には様々な主張が隠されていますのでこの記事で簡単にご紹介しますね。

この記事では、

  • うさぎが伸びて寝る理由とは?うさぎの寝方で分かる事とは?
  • うさぎの睡眠時間で分かる事とは?
  • うさぎの仕草で分かる事とは?
  • うさぎの上手な飼い方とは?

といった内容をまとめてみました。うさぎが伸びて寝る理由について気になっている方には参考になるので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

うさぎが伸びて寝る理由とは?うさぎの寝方で分かる事とは?

ウサギが伸びて寝るのは、十分にリラックスしているためと考えられます。

腹ばいで横になり、時には足まで伸ばしてダラーンとしている姿は本当愛くるしいですよね。

リラックスしているとわかれば飼い主も癒されてしまいます。

しかし時にはお腹が痛いために伸びて寝てしまうこともあるようです。

喋れないために仕草で状態を判断するしかないのですが、うさぎの寝方には様々な主張が隠されていますので簡単にご紹介しますね。

まずは「箱座り」。

猫が主にする座り方ですがウサギもよくする座り方、すぐに動くことが難しい状態のためリラックスや安心している心理状態の時の姿となります。

ごろ寝の状態もよく見かけますね。

こちらもリラックスしている時に出る姿勢ですが、主には体温調整の為と考えられています。

汗をかくことがないためにお腹から体温を逃しているのですね。

また突然に倒れる「バタン寝」と呼ばれる行動もあります。

初めてみるとすわ病気か?!と思ってしまいますが、これもリラックスしているがために突然寝てしまう、という心理が隠されているそうです。

ですがバタン寝の場合、本当に病気が隠れているかもしれません。倒れたのちに呼吸が荒いなどの普段とは異なる行動が見られれば迷わず病院に連れて行きましょう。

うさぎの睡眠時間で分かる事とは?

リラックスしてそのまま寝落ちしてしまうウサギはとても可愛いですが、一度寝るとどれくらい寝ているものなのでしょうか。

人間のようにまとまって何時間も寝ているということはありませんが、おおよそ睡眠時間の平均は8〜12時間となります。

犬にせよ猫にせよ、ペットを飼うと何時間も熟睡をする姿はまず見ないですね。これは野生の環境で敵に捕まることを防ぐための習性であり、ウサギも同じ修正となります。

ふと気づけば寝てばかりと見えるもののそれは細かく睡眠しているから、と考えてください。

そしてウサギは昼と夜に寝て明け方と夕方に活動が活発になる性質があります。

飼い始めたら1日の睡眠と活動のサイクルを把握し、普段と異なる行動が出てきたら様子を見てあげるのが良いと言えますね。

うさぎの仕草で分かる事とは?

ペットを飼う醍醐味はその可愛らしい仕草を観察することではないでしょうか?

私も犬を飼っていましたが、日々見せてくれる仕草を見るだけで幸せを感じていました。

もちろん、ウサギも仕草の宝庫と言えるくらいにたくさんの愛らしい姿を見せてくれます。

例えば喜びはその活発な動きで表してくれます。早く走ったり、捻りジャンプを見せてくれたりと様々。

見ているこちらも全力で表現している姿はうれしく感じますね。

反面、怒っている時も全身を使って表現しますが、特に「スタンピング」と呼ばれる床を
ドンドンと叩く行為です。

飼い主に嫌なことをされると出してくる行動ですが、中にはパンチをしてきたり、物に当たる子もいるので、嫌がる行動は取らないほうが良いですね。

悲しい時には耳を後ろにつけて悲しそうな表情をすることがあります。元気がなければまずはしっかりと抱いてあげたりして愛情を伝えてあげましょう。

そして注意すべきは部屋の隅などで動かない時。体が弱ってしまった時にとる行動のため、なんらか病気などが疑われることがあります。

隅で動かず、元気がないようであれば迷わずに病院へ連れて行きましょう。

うさぎの上手な飼い方とは?

ペットとしても多くの人に愛されているウサギ、初めて飼う人は不安だらけですが、上手に飼う方法はあるのでしょうか。

まずは温度変化の少ない環境を選ぶことが大事です。つまりは室内がベストとなりますね。直射日光も苦手なので日差しの強いところは避けましょう。

しかし放し飼いでは電気のケーブルなどをかじってしまいますので、専用のケージ内で飼育しましょう。

時折ケージから出してあげて、目の届く範囲で部屋内を行き来させてあげれば運動面も問題ありません。

毛繕いで自分の毛を飲み込んでしまい病気につながることもありますので、日々ブラッシングをしてあげるのもいいですよ。

食事はウサギといえば人参を思い浮かべますね。人参はもちろん食べますが農薬がついているのでしっかり洗って与えましょう。

しかし野菜のあげ過ぎもよくはありませんので、栄養バランスを考えて作られたペレットを与えるのが良いですよ。

そしてウサギはとても感情豊か、トイレの場所もきちんと教えた場所で出来たらよく褒めることでしっかりとその場所を覚えます。

あちこちで粗相されたらいくら可愛くても憎くなってしまいますからね。

愛情をしっかりと与えることで、かけがえのないパートナーとなることは間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました