進まない片付けどうする?やる気が出ないときのやり方

スポンサードリンク
スポンサードリンク

断捨離して運気アップ!

もはや定着しつつあるこの定義。

「自分も!」と一念発起して

片付けにとりかかった人も多ければ

途中で投げ出す人も多いんです。

 

理由として多くあげられるのが、

「どこから始めればいいか…」

「まずまず片付いたし、もういいか?」

「そもそも疲れて体力的にムリ!時間もない!」

などの意見があります。

 

やる気が出る方法なんてあるの?

 

今回はそんな悩みもこれで解決。

あなたのやる気スイッチ、

ポチッとしちゃいましょう!

 

やるもやらないも自分次第。

せっかく芽生えた片付けの情熱を

絶やしたくはないですよね。

 

 

片付けの第一歩は捨てるか残すか!洋服からはじめてみる

 

何から始めれば良いか迷走中なら

まずは捨てる切り分けがしやすく

なおかつ結果がわかりやすい

洋服から初めてみましょう。

 

クローゼットや衣装ケースが

パンパンになっていませんか?

思い切って全て引っ張り出して

全開放してみてください。

サイズが合わなくなった、

汚れてる、好みが変わった。

そんな洋服があふれていませんか?

 

23年を目安に、活躍してない洋服は

潔くさよならしましょう。

かなりの確率でこの後も出番はありません。

 

「流行りはまためぐってくるから、

この服もいつか着るはず」

と思ってるあなた。

よ~く考えてみてください。

これまでリバイバルブームの時

昔の服を着ましたか?

結局新しい服を買いませんでしたか?

 

思い当たる節がある人は、

きっと洋服も大量の在庫があるはず。

大量の在庫があれば、

同じようなデザインの服も大量

というケースが大半です。

一旦これに気が付くと、

洋服の片付けは簡単なものです。

 

洋服に手を付ける時間なんてない!という人は

広告やDM、賞味期限切れの

食品や調味料など

サクッと捨てるのも

いいキッカケになりますよ。

 

さくさく進めることが出来るので、

やる気スイッチが入りますよ。

 

 

片付けの仕分けが終了したら収納の方法も新しく!おすすめのやり方

 

 

仕分けが完了した後は、

二度とリバウンドしないように

収納も見直すのがベストです。

 

SNSでは、統一感のある

おしゃれな収納術があふれています。

生活感を感じさせない収納、

あこがれちゃいますよね。

 

でも、ちょっと待ってください!

それは自分的にベスト収納ですか?

 

同じボックスを整然と並べる。

それぞれラべリングしたとしても、

その管理を続けることができますか?

管理ができなければ、

物が増えてくるのは時間の問題です。

 

また、このタイミングで

新しい収納グッズを買うのも

おすすめできません。

家の中から収納グッズが

出るわ出るわ!というケースが多いからです。

せっかく持ってるグッズたちは、

どんどん使ってあげましょう。

 

いきおいで収納グッズを新調しても

リバウンドにつながるので要注意。

 

大切なのは「きれい」を継続できる

ムリのない収納方法にすることです。

 

クローゼット収納で悩みがちな

靴下などの細々したもの。

 

引き出しやボックスの中を仕切り、

1足ずつ収納するのは

よく見る収納方法の1つですよね。

でも、きちんとそろえて入れないと

あっという間にカオス状態。

ちょっと面倒かな…と思う場合は、

キープできない確率大です。

 

おすすめなのは吊るす収納。

例えばクリアなウォールポケットに

放り込んでいくだけの収納。

洗濯バサミ付きのハンガーを使って

細々したものを干せば、乾いた後は

そのままクローゼットに移すだけ。

さくっと片付け完了です。

 

物が減るだけで管理レベルは

グッと低くなりますが、

理想を追いかけすぎて背伸びせず

自分にフィットする方法が1番です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

なんだか片付け熱がフツフツと

わきあがってきませんか?

 

断捨離って、それだけで運気アップ!と思われがちですが、

実際のところ、そうではありません。

 

日常を過ごす場所がキレイだと

穏やかに過ごせるので自然と

ポジティブ思考になっていきます。

多少ネガティブな事も

ポジティブに変換出来るので

結果として運気アップに

繋がっていくというわけです。

 

「忙しい、疲れてる、時間がない」

 

確かに現代人は超多忙です。

そんな中でも、身体と心を整えて

時間をうみ出すのは自分次第。

 

全ては自分次第です!

日々ポジティブに過ごしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました