新生児のおむつはどれくらい必要!?おむつの選び方のコツを紹介!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

新生児の最初に必要なおむつはだいたい2パックです。

新生児の時期にはすぐにサイズアウトしてしまうこと、お肌に合う合わないがあること、贈り物での貰い物分があることを考慮して多く買い置く必要はありません。

おむつ選びのコツとして、

  • サンプルで試すこと
  • それぞれのメーカーのおむつの特徴を知ること

が重要になってきますので特徴を知ったうえでサンプルを試して赤ちゃんに合うおむつを見つけましょう。

今回の記事では新生児のおむつのサイズと準備する量、おむつメーカーのそれぞれの特徴、おむつトラブルの対処法や、余ったおむつの活用法を紹介していきますので、今から新生児を育てる方は最後まで読んでいただくと、最適なおむつ選びができますよ!

新生児のおむつはどんなサイズをどのくらい準備すれば良い?

新生児のおむつはどんな量とサイズが必要なのでしょうか?

最初のほうに必要な数は大体2パックで、サイズは赤ちゃんの体重を目安に、体重5kgまで、Sサイズは4~8kg、Mサイズは6~11kg、Lサイズは9~14kgとなっています。

 

ちなみに赤ちゃんの最初のおむつは寝ている赤ちゃんに着用させやすいテープタイプがおすすめです。

「2パックで足りるの?」と思いがちですが、新生児の時は貰い物のおむつもあり、さらに成長が早くて一つのサイズでいる期間が短いので2パックで妥当です。

無くなれば買い足しのスタンスのほうが無駄が出なくて良いですよ。

それに新生児の場合はまだおむつの合う合わないがわかりませんよね?

おむつのメーカーによって「かぶれ」を引き起こす赤ちゃんもいますので、赤ちゃんに合う・合わないおむつを見極める時期でもありますから一遍に多く購入しておくのはリスクがあります。

ちなみに新生児のおむつ替えの回数は一日平均で15~18枚と言われます。

新生児おむつは1パックに約90枚ほど入っていますので、だいたい1週間で無くなりますね。

生後2.3ヶ月で6㎏が平均の体重と考えても必要なのは最大で8パック。

そのうち、貰い物で頂いたもの、サンプルなどを使っていくとあっという間にサイズアウトの時が来ます。新生児のおむつは多めに買うのではなく、少な目に用意することをお勧めします。

メーカーや種類の特徴を知って、適切なおむつを選ぼう!

はじめてのおむつ選びに必要なことは、「赤ちゃんの肌に合うもの」を見つける事です。

赤ちゃんに合ったおむつを見つけるには下記の2点が一番有効的な方法です。

  • サンプルで試すこと
  • それぞれのメーカーのおむつの特徴を知ること

代表的なメーカーをピックアップしておむつの特徴を紹介していきます。

ムーニー

「ふんわりぴったりですきまモレ安心!」とCMで謳っているので、履かせやすさ・抜群のフィット感で人気です。「マザーズセレクション大賞」を3年連続で受賞しているという説得力もあります。

ぴったりして漏れない密着度はあるけど、ふんわりしているので履き心地が柔らかいのが評判で、赤ちゃんに優しいおむつの代表格です。

メリーズ

メリーズはなんといっても通気性No.1と言われています。

おむつかぶれの原因になるおしっこやウンチによるムレを追い出し、3層の通気性シート採用で快適なおむつで、敏感肌の赤ちゃんにおすすめされているメーカーです。

 パンパース

国内の病産院でシェア№1を誇っているのでその点でまず大きな安心感があります。

その安心・安全・高品質から産後もそのまま使いつづけるママが圧倒的に多いのは信頼感でしょう。

吸収力と密着性に優れており、使い勝手が良いところも新米ママ・パパにもおすすめなメーカーです。

グーン

グーンのおむつはスリムなシルエットで密着度が高いことが大きな特徴です。もう一つ特徴的なのが、おむつかぶれの対策が数多く施されているのもグーンの強みになっています。

おむつの内面がウェーブ加工されているため肌に優しい仕上がりになっていたり、天然ビタミンEが配合されているため敏感肌な赤ちゃんにも対応しています。

そして支持される理由として大きいのは「コスパ」です。おむつの中でも安価なので頻繁に交換が必要な時期は大助かりだという声も多いのです。

 

それぞれの特徴を把握したうえで、お試しを使ってみるのが一番納得いく方法ですね!

覚えておこう!よくあるおむつトラブルの対処法!

赤ちゃんのおむつのよくあるトラブルはなんといっても「かぶれ」です。

「かぶれ」を起こす原因と対処法は以下4点になります。

  • 素材と赤ちゃんのお肌との相性の悪さ
  • おしり周りにに付着しているおしっこやうんちの成分
  • おしりを拭くときの摩擦
  • 乾いていないうちにおむつをはかせる

それぞれの対処法を紹介していきますね。

素材と赤ちゃんのお肌との相性の悪さ

素材が良いと有名なメーカーのおむつだとしても、自分の赤ちゃんに合っているかはわかりません。

赤ちゃんそれぞれの肌質がありますので、その赤ちゃんに合うものは使用してみないとわからないのです。

今使っているメーカーと別のおむつの使用を試してみるか、布おむつにチャレンジしてみましょう。

おしり周りに付着しているおしっこやうんちの成分

おしっこやうんちの成分がおしりまわりに付いているのでそれがかぶれを引き起こしています。

頻繁におむつを取り替えてあげることと、おむつ交換時にお尻を洗浄してあげる事が防げる方法となります。

おしりを拭くときの摩擦

おしりを拭くとき、こびりついたうんちはしっかりとりたいがために、ゴシゴシしたくなりますよね。

しかしそのゴシゴシの摩擦によりかぶれを引き起こしてしまうことがあります。

そっと水分の多めのシートで拭いてあげたり、お湯で洗い流してあげたりしましょう。

乾いていないうちにおむつをはかせる

おしりふきシートでふき取り、またはお尻洗浄をして乾いていない内におむつを履かせると、水分でおむつかぶれが起こります。

お風呂上り、おむつ交換の後はお尻を乾かしてあげてからおむつを履かせましょう。タオルやうちわなどであおいであげると早く乾きますよ!

もしもかぶれてしまったら

色々な対処をしてもかぶれてしまう時はあります。

もしもかぶれてしまったら、保湿剤で肌を保護することも大切になってきますし、もし炎症が赤みが酷く炎症が強い場合は外用薬の対処も必要です。

保湿剤、薬で対処しながら、いつも以上に頻繁におむつ替えをしていってください。

おむつを買い過ぎてしまった時の活用法

おむつを買いすぎてしまいサイズアウトして使えなくなったなど無駄になってしまうことがあります。そんな時におむつの活用法として以下7点があります。

  • 友人知人に譲る
  • 購入したショップに返品
  • フリマアプリに出品リサイクルショップに売る
  • 油処理に使う
  • トイレの床掃除や洗面所、お風呂、キッチンなどの水回りの掃除に使う
  • 赤ちゃんの嘔吐袋として使う
  • ペットの粗相の掃除

注意点として、おむつの封が空いている場合、フリマプリやリサイクルショップなどに出品する際は、衛生用品のため断られることもあります。

なるべくお得におむつを購入する時のポイントとは

おむつは大量に必要なので実際お金がかかります。

なるべく安くなっているタイミングと場所で購入したいですよね。おむつをお得に購入できる方法として以下2点があります。

  • Amazonプライム利用でおむつが最低でも常時15%オフ。
  • サンプルをもらえる便利なお店をチェックしフル活用。
  • ネットショッピングのキャンペーン時の購入。

しかし、お得だからと言って買いすぎてしまうと無駄が出てしまうのでほどほどの数にしておきましょう。

おむつやおしりふきが常時15%オフで買えるので、月額500円の会費の回収はすぐできますよ♪

タイトルとURLをコピーしました